株式会社稚内振興公社

稚内市を一望する「開基百年記念塔」に併設する、北の暮らし・歴史・自然の資料館。「稚内市北方記念館」

最北の街、稚内の歩み・歴史・自然を学ぶ「稚内市北方記念館」

「稚内市北方記念館・開基百年記念塔」は、宗谷に戸長役場が置かれた明治12年(1879年)を稚内市の開基とし、100年目にあたる昭和53年(1978年)7月に稚内公園の丘陵上に建設された地上80m海抜250ⅿの建物です。 展望台の基部となる1階と2階部分には「北方記念館」があり稚内市や樺太などの郷土資料や、間宮林蔵の足跡をたどる展示、アイヌ民族に関する資料などが展示されています。 また、地上70ⅿ海抜240ⅿに位置する展望室からは、利尻・礼文両島のほか、条件の良い日には樺太までを見渡すことが出来ます

※開基=物事の元を開くこと、基礎を築くこと

ご案内

営業期間
平成30年4月28日(土)~平成30年10月31日(水)
営業時間
午前9時~午後5時
・6月1日〜9月30日は午後9時まで開館
・7月1日〜8月31日は午前8時より開館
・閉館の20分前までに入場願います。
休館日
毎週月曜日(但し、祝祭日の場合は翌日)
・6月1日〜9月30日は無休
入館料
一般・高校生・大学生 400円(※320円)
小・中学生 200円(※160円)
※20名以上は団体料金適用
夜間入館料
(午後6時以降)
一般・高校生・大学生 200円(※160円)
小・中学生 100円(※80円)
※20名以上は団体料金適用
P6180097

お知らせ

アクセス

マップ
リアルナビMovie
フェリー乗り場・JR稚内駅より車で約10分